もりもりの神秘情報

世にも不思議なことをお教えしますね。

『をのこ草子』が予言した恐ろしい未来の日本!予言の原本と現代語訳を紹介!

f:id:naosikiko:20200906031108j:plain

もりもりです。

『をのこ草子(ぞうし)』という、正体不明の大予言者が江戸時代にいたそうです。

をのこ草子(ぞうし)は、地下を移動する人、空を飛ぶ人、髪が短く肌を露出した女性など、昭和以降の日本の風俗を細かく模写している。

江戸時代に未来の日本を予言した奇書(きしょ)*1として、近年メディアなどで多く取り上げられています。

この本が書かれたのは、8大将軍・徳川吉宗の時代(18世紀前半)といわれています。

原本の所在は不明で、それを見た者はいない。

それなのに、『をのこ草子(ぞうし)』が書いた書物ってなぜわかったのか、不思議なところではあります。

・幻の予言書、『をのこ草紙』がなぜ知られるようになったの?

・『をのこ草子』の予言の原本と現代語訳

・地震や台風などの大きな天災を予言!

についてお話します。

最後まで読んでくださいね。

〈出典元:世界を動かした予言〉

スポンサーリンク

 

幻の予言書、『をのこ草紙』がなぜ知られるようになったの?

1930年、宗教団体・神道天行居(しんどうてんこうきょ)の創立者、友清歓真(ともきよよしざね)が『をのこ草子』について紹介したことから知られるようになります。

をのこ草紙は、いまから約280年前、八代将軍徳川吉宗(在位1716~1745)が享保の改革(1723~1745)を実施していた頃に流布したといわれる幻の予言書で、原本は存在していない。

しかし、この写しが神道天行居の創立者として有名な友清歓真(1888〜1952)の手に渡り、彼の名著『神道古義地之巻』に引用されて、今に伝わったとされています。

 

『をのこ草子』の予言の原本と現代語訳

科学技術は発達する一方で日本人らしさを失う人々が増えていく。

(原本)  

今より五代二五〇年を経て、世の様変わり果てなむ。切支丹の法いよいよ盛んになって、空を飛ぶ人も現れなむ。地を潜る人も出て来べし。風雨を駈り、雷電を役する者もあらん。死したるを起こす術も成りなん。さるままに、人の心漸く悪くなり行きて、恐ろしき世の相を見つべし。  妻は夫に従わず、男は髪長く色青白く、痩細りて、戦の場などに出て立つこと難きに至らん。女は髪短く色赤黒く、袂なき衣も着、淫りに狂ひて、父母をも夫をも其の子をも顧ぬ者多からん。万づ南蛮の風をまねびて、忠孝節義は固(もと)より仁も義も軽んぜられぬべし。  斯くていよいよ衰え行きぬる其の果に、地、水、火、風の大なる災い起りて、世の人、十が五は亡び異国の軍さえ攻め来りなむ。  此の時、神の如き大君、世に出で給い、人民悔い改めてこれに従い、世の中、再び正しきに帰らなん。其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし云々。

 【現代語訳】

 今から五世代、250年が過ぎると、世の中の様子も変わり果てるだろう。キリスト教圏(西欧)の思想も益々盛んとなり、空を飛ぶ人もでてくる地に潜る人もでてくる風雨を動かし雷電を利用する者もいる。死んだ人を生き返らせる手術も成功する。その様ではあるが、人の心が次第に悪くなってゆき、恐ろしい世の中となる。  妻は夫に従わず、男は髪を長くして色白の顔でやせ細り、戦争に出かけることなど出来そうにない。女は髪を短くして顔の色は赤黒く、袖のない衣類を着て淫らな行いに狂い、父母や夫、その子をも面倒をみない者が多い。すべて西欧の文化をまねして、古くからの風習である「君主に忠実である」こと「親に孝行する」こと「節約の美徳」だけでなく、「仁」や「義」も軽んじられている。  このようにして、さらに(国や民の力が)衰えて行き、最後には大変な大地(の変動)や水害、火の災害や風の災害が起きて、国民の10分の5(半分)が死んでしまう。また、外国の軍隊が攻め込んでくる。  この時に、神のような偉大な指導者が社会の表に現れて、民衆が悔い改めて彼に従うので、世の中は再び正しい世の中に復帰する。その間、世の人たちが狂い苦しむこと100年間に及ぶ。

 

この予言は今より、250年後といっているので、たぶん1970年~80年代頃の日本のことなのでしょう。

・空を飛ぶ人=飛行機やロケットのこと

・地に潜る人=とは、地下街や地下鉄などのこと

・風雨を動かし雷電を利用する者=発電所で電気を作ること

このように解釈できるのではないでしょうか。

この予言を見て、現在と比較してみると的中していると思いません?

 

死んだ人を生き返らせる技術とは、クローン技術などの遺伝子工学のことなのでしょう。

「人の心が次第に悪くなってゆき、恐ろしい世の中となる。 妻は夫に従わず、男は髪を長くして色白の顔でやせ細り、戦争に出かけることなど出来そうにない。女は髪を短くして顔の色は赤黒く、袖のない衣類を着て淫らな行いに狂い、父母や夫、その子をも面倒をみない者が多い。すべて西欧の文化をまねして、古くからの風習である「君主に忠実である」こと「親に孝行する」こと「節約の美徳」だけでなく、「仁」や「義」も軽んじられている。」

これは、現代の日本ではないでしょうか。

江戸時代の人々から見たら、現代の日本は乱れきった世の中に見えるでしょう。

 

地震や台風などの大きな天災を予言!

『をのこ草子』の予言は、風俗の乱ればかりではなくて、日本に起こる国家的災難とその次の世界まで言及している。

「日本が衰えていった末に、地、水、火、風の甚大な災害が起きて、人口の半分が減って、外国の軍隊すら攻めてくる」という恐ろしい予言をしています。

 

地震や台風などの大きな天災に見舞われたあと、外国の軍隊が攻めてくる、国家存亡の危機です。

日本はどうなるのでしょうか!

しかし、希望を捨ててはいけない。

 

国家存亡の危機に立たされた日本に神のようなリーダー現れる。

このとき、神のようなリーダー(原文では『大君』)が現れて、人々は悔い改めこれに従うことで、世の中は再び正しさを取り戻す。

それまでの間、人々は狂わんばかりに苦しむ状況が100年続くだろう。

苦難のあとに救世主が登場---と、まるでキリスト教などのメシア思想そのものだが、日本の未来はこのような展開になると『をのこ草子』は説いています。

これまで同書は、あまりの現代世相との一致に、後世にねつ造された偽書なのではないかともいわれています。

とはいえ、人の倫理観の喪失や自然災害の深刻化など、現在の日本は『をのこ草子』に書かれていることに近づいているように思う。

いつの時代に書かれたものであれ、『をのこ草子』が現代の日本を的確に予見し、警鐘(けいしょう)を鳴らしている本であることは間違いないようですね。

スポンサーリンク

 

最後に

『をのこ草子』の予言はどうでしたか?

この、予言が日本の未来ならば、大変な時期を迎えることになります。

出来れば悪い予言は当たらないでほしいですね。

今日も読んでくれてありがとうございました。

 

*1:珍しい書物のこと