もりもりの神秘情報

世にも不思議なことをお教えしますね。

阪神淡路大震災での小さな奇跡!喫茶「5時45分」の不思議な偶然の一致!

f:id:naosikiko:20220218233918j:plain

もりもりです。

平成7年1月17日5時46分、神戸の街が揺れた。

阪神淡路大震災が発生した。

人的被害は、死者6,434名、行方不明者3名、負傷者43,792名。

この話は、その混乱の中で見つけた、ある小さな奇跡の物語です。

(出典元:科学では解明できない奇妙な話より)

      スポンサーリンク

 

ある喫茶店のオープン

1995(平成7)年1月17日、午前5時46分に起きた阪神淡路大震災は、我々が日ごろ忘れかけていた地震の恐ろしさを、あらためて目の前の被害で見せつけられた衝撃の惨劇だった。

美しかった神戸の町が一瞬にして瓦礫(がれき)の山となり、また多くの人々が犠牲となったことは、まだ皆さんの記憶に強く残っているだろう。

さてこの地震の悲劇は、先にも述べたように朝の5時46分に起きたが、じつはこの時間にまつわる不思議な偶然の一致が起きていたことを、皆さんはご存知だろうか。

それは神戸の中心部、三宮(さんのみや)にある喫茶店で起きた出来事だった。

 

1978年に、この店を開くにあたって店のオーナーである渡辺義弘さんは、設計者といっしょになって店の名前を決めていたが、なかなかいい名前が決まらずに困っていた。

そこでふたりでさんざん考え悩んだあげく、困り果てて、ふと奥さんに聞いた。

「今何時や?」

「5時45分よ!」

こう奥さんが答えた言葉を聞いたとたんに、渡辺さんはひらめいた。

「う~ん、よしそれに決めよう!」

こんな調子で、これがそのまま店の名前となり、その喫茶店に付けられたのだった。

つまりその店の名前は『コーヒーハウス5時45分』

こうして付けられた店の名前が、まさかその後の奇跡につながるとは、いったい誰が予想できただろうか。

大地震発生

そして、それから17年後に阪神淡路大震災が起きた。

この大震災が起きる2、3日前に、じつはこの喫茶店でこんな会話が交わされていた。

「ここんとこ変な天気が続くなあ。1月にしてはぬくい日が続くし、こりゃひょっとして、地震でもあるんやないかね」

だが皮肉にも、こうした不吉な予感は的中し、1995年1月17日の早朝、神戸は阪神大震災に見舞われた。

 

この地震は当初、地震発生直後のラジオ放送などでは、5時45分に地震が発生したと伝えられていた。

後に5時46分と訂正されたが、渡辺さんは、自分の店の名と同じ5時45分という言葉を、なんとも複雑な気持ちで聞いていた。

 

この地震により、喫茶店のオーナーの渡辺さんの自宅マンションでは、室内はメチャクチャとなり、さらに家具も倒れて、まさに惨憺(さんたん)たる状態だった。

しかしそれでも、渡辺さんの家族には誰もケガ人が出なかったことが、せめてもの幸いだった。

このようなありさまだったので、渡辺さんはその後しばしのあいだは、自宅の方の片付けに追われていた。

やがて大震災から3週間ほどして、やっと彼は三宮の喫茶店を見に出かけることにした。

そして渡辺さんは何とか店の前まで来たが、喫茶店の入っているグレースコウベビルの周辺には、崩れたビルがたくさんあった。

 

渡辺さんはこうした状態を目の前にして、喫茶店についてはすでにあきらめの気持ちで覚悟していた。

なにしろどうにか店は残っているが、隣の店の内部はめちゃめちゃだった。

「ずいぶんひどいな、これではうちの店もダメだろう」

そう思って渡辺さんは店のシャッターを開けて店内に足を踏み入れた。

ところがなんということか、意外な店の様子に渡辺さんは我が目を疑った。

「あれっ、これはどうしたことか?」

驚いたことに店の内部はほとんどが無事で、どこも壊れていなかったのだ。

店内をよく見れば、卓上のシュガーポットはそのままであり、ドアや窓も無事だった。

被害といえば、コーヒーカップやグラスが数個壊れていた程度だった。

なんとも不思議なことだと、渡辺さんはこの事態にびっくりした。

 

これはまさに渡辺さんの喫茶店『コーヒーハウス5時45分』に起きた奇跡だった。

その後、この話は神戸でも話題になり、それからというもの、この店は魔除(まよ)けになるということで、多くの客が訪れたという。

まとめ

神戸には長く暮らしていたこともありますが、たくさんの方が被害にあわられて亡くなられたことのはすごくショックでした。
日本は地震大国です。
いつ、このような大きな地震が起きるかわかりません。
日ごろから、地震に備えるようにしましょう。
今日も読んでくれてありがとうございました。

naosikiko.hatenablog.jp

 

 

      スポンサーリンク