もりもりの神秘情報

世にも不思議なことをお教えしますね。

透視能力でバルチック艦を撃破し、日露戦争を勝利に導いた男!

f:id:naosikiko:20211127015319j:plain

もりもりです。

遠隔透視や千里眼などの現象は、超能力の分野ではテレパシーと同様なものとされています。

このような超能力は、自分の生死にかかわるときに、急に脳裏にひらめいて危機から救ってくれます。

ときには、国家の危機を救うこともあります。

かつて日露戦争の開戦中に、遠隔透視能力を使って、ロシアの無敵のバルチック艦隊の進路を透視してこれを撃破し、日本を勝利に導いた人物がいたのです。

その人物は、日本艦隊の作戦参謀として有名な、海軍の秋山真之(あきやなさねゆき)なのです。

秋山真之とは、どのような人物なのか。

どのようにして日本を勝利に導いたのでしょうか?

最後まで読んでくださいね。

(出典元:科学では解明できない奇妙な話より)

      スポンサーリンク

 

日露戦争を勝利に導いた男、秋山真之!

秋山真之は、日清戦争当時に海軍の士官をつとめ、黄海海戦の勝利に貢献した人物であり、彼はその手腕を買われてこの日露戦争では、東郷平八郎(とうごうへいはちろう)率いる日本艦隊の作戦参謀として、すべての作戦をつかさどっていた。

 

しかし、こうした日本艦隊ではじつは大きな課題を抱えていた。

 

当時、日本艦隊はウラジオストックへ向かうロシアのバルチック艦隊を迎え撃とうしていた。

ところが敵のロシアの艦隊は「無敵のバルチック艦隊」とまで呼ばれて、海戦では大変な強さを誇っていた。

 

そして東郷率いる日本艦隊では、この強敵を迎え撃とうと、作戦を練っていたのである。

 

しかし肝心のバルチック艦隊が、いったいどんな進路を通ってくるのか、それが大問題であった。

果たして敵の艦隊は対馬海峡に向かってくるのか、それとも太平洋を迂回して、津軽海峡から宗谷海峡を通過してウラジオストックに入るのか、どちらの進路を選ぶのか、まったく敵の動きがつかめなかったのだ。

 

「これは困った。なんとか敵の艦隊がウラジオストックに入る前に、たたきつぶしておかねば、戦局は不利になる」

秋山参謀はこう思いながら、どのような作戦を取るべきか迷っていた。

 

敵のバルチック艦隊をたたきつぶすには、敵の作戦を先読みして先手必勝で攻めるのがもっともよい方法である。

しかし日本艦隊では、肝心の敵の艦隊の動きがまったくつかめなかった。

 

「ここは、わが軍の勝敗を左右する重要な場面だ。はたして敵は対馬海峡にくるのか、それとも津軽海峡にくるのか」

秋山参謀は困り果てていた。

 

彼には日本艦隊の作戦参謀としての責任があり、大変なプレッシャーがかかっていた。

なにしろ彼の作戦に東郷艦隊の運命がかかっているため敗北は許されないのだ。

 

秋山参謀は悩みに悩んだが、いくら考えたところで敵の動きが不明では、完璧な作戦を練ることなど不可能であった。

「ううむ。このままでは戦局が不利になる。いったいどうすればいいのか」

      スポンサーリンク

 

バルチック艦隊の進路が見えた

5月24日の夜、さすがに秋山参謀は悩んだすえに疲れ果てて、つい居眠りをしてしまった。

すると彼の目に前に、突然、対馬海峡の風景が広がった。

 

さらに彼には、バルチック艦隊が2列になって進行してくるのが見えたのだ。

 

そこで秋山参謀は、ハッと気がついて飛び起きた。

「これはきっと予知に違いない」

彼はこう確信した。

 

「バルチック艦隊は、対馬に2列になってやってくるはずだ」

秋山参謀はこう信じ込んで、さっそく作戦を立て始めた。

 

主力を対馬海峡に集めて、敵を迎え撃とうというものだ。

もしも彼が対馬海峡に向かえば、この作戦は失敗となるだろう。

 

しかし秋山参謀は、敵が対馬海峡にくることを確信していた。

やがて彼のこの作戦は、ズバリ的中した。

 

やはり彼の予想通りに、ロシアのバルチック艦隊は対馬海峡に向かってきたのだ。

 

「ただ今、敵のバルチック艦隊が対馬に向かったとの知らせが届きました」

「なに本当か。ああよかった、やはり予想通りにきたか」

秋山参謀は、心の中でホッとした。

 

「恐らく敵は長旅で疲れているはずだ。よし、あとは作戦通りに攻撃だ」

 

敵のバルチック艦隊を待ち受けていた日本艦隊は、この機を逃さず一気に敵を迎え撃ち、無敵を誇ったバルチック艦隊を見事に撃破したのだった。

 

こうして東郷艦隊は、世界海戦史上もっとも有名な日本海海戦の大勝利をおさめた。

 

やがてこの日本海海戦のめざましい勝利は、その後の日露戦争を日本の勝利へと導くことになった。

 

のちに秋山参謀は、この当時の様子について次のように語っている。

「ロシアのバルチック艦隊が東に進んでいるあいだ、自分毎日、ただ正座して考えにふけっていた。するとある種の心霊作用があって、バルチック艦隊の動きが手に取るようにわかったのだ」

 

「誰もがバルチック艦隊の威力に恐れをなし、ことに民間では、恐怖が極度に高まっていた。しかし自分にはバルチック艦隊を撃滅(げきめつ)できるという確固とした信念があった。その後の作戦は、すべてこの固い信念の力によったもので、決して科学的方法ではない。科学的方法では、日本艦隊はバルチック艦隊の敵ではなかった」

 

秋山参謀は、こう言って、劇的な大勝利の裏側には、このような不思議なエピソードが隠されていたことを伝えた。

 

さてこのように秋山参謀は、彼がいう不思議な心霊作用により、遠く離れたバルチック艦隊の動きを遠隔透視したものと思われる。

 

秋山参謀のこうした超能力は、彼が連日の作戦計画で疲れ切った状態で、いわゆる五感*1がにぶり、精神活動ができない、「無我の境地」に近い状態になったときに働いたようだ。

 

それにしても、日露戦争などの歴史上でも有名な場面において、不思議な遠隔透視能力が使われており、しかもその能力が重要な戦局を左右していたとは、じつに注目すべきことだろう。

まとめ

昔は、相手国の秘密情報などを手に入れるために、超能力の研究をしていたと聞いたことがあります。

たとえば、遠隔透視や千里眼などの超能力です。

もしも、こんな能力が自分の思い通りに使えるとしたら、すごいことだと思います。

今日も読んでくれてありがとうございました。

naosikiko.hatenablog.jp

 

      スポンサーリンク

 

*1:視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五つの感覚のこと