もりもりの神秘情報

世にも不思議なことをお教えしますね。

名前には不思議な力がやどっている!沈没事故で助かった男たちの名前は?

f:id:naosikiko:20220331020936j:plain

もりもりです。

名前には運命というか、不思議な力があります。

例えば、幸せになる名前、不幸になる名前などです。

自分に子どもが生まれたら、どんな名前をつけようかと悩むでしょう。

幸運を呼ぶ名前や、危険から身を守る名前があればどんなにいいだろうか。

親は、そんな名前を子どもにつけて、我が子の無事を祈ることだろう。

強運な名前により、悲惨な沈没事故に遭遇しても生き延びることができた男たちのお話です。

最後まで読んでくださいね。

<出典元:科学では解明できない奇妙な話より(運命の謎を探る会)>

スポンサーリンク

 

たった一人の生存者

1660年12月5日、ドーバー海峡にて、汽船の沈没事故が起きたのだった。

真冬のドーバー海峡は、大変厳しい寒さだ。

しかもそのときは、波は大荒れだったのでした。

 

汽船はこのような天候で海の中に沈んだので、誰しもがこの船の乗客は全員助からないだろうと思っていた。

 

しかし、たったひとりだけ奇跡的に生き延びた人物がいたのです。

 

その人物の名は「ヒュー・ウイリアムズ」。

この悲惨な沈没事故で、たったひとりだけ生き残ったのですから、彼は有名な人になった。

 

そして、1781年12月5日に、1660年12月5日に起きた沈没事故とまったく同じ日に、またしてもドーバー海峡で船の沈没事故が起きたのでした。

 

このときも、真冬の寒く荒れた海へ沈没したので、生存者はないだろうと思われていた。

 

しかし、この沈没事故でも、たったひとりだけ生き残った幸運な人物がいたのです。

その人物は驚くべきことに、またしても「ヒュー・ウイリアムズ」という名前だった。

 

このふたつの沈没事故は、両方とも同じ12月5日に起こり、その生存者は共にたったひとりだけで、しかもどちらも同じ「ヒュー・ウイリアムズ」という名前の人物だったのです。

じつに不思議な話です。

しかし、この不思議な偶然は、その後も起きていたのです。

運命を左右する名前

1940年7月10日に、イギリスのトロール船がドイツの機雷(きらい)の攻撃によって沈没するという事故が起きた。

こうした悲惨な沈没事故にもかかわらず、幸運にもふたりも生存者がいた。

 

救助隊に救出されたふたりは、名前をたずねられた。

「あなたの名前は?」

まず1人目が答えた。

「ヒュー・ウイリアムズといいます」

 

そして救助隊は、2人目にも名前をたずねた。

「では、そちらの方のお名前は何ですか?」

「じつは、私の名前もヒュー・ウイリアムズなのです」

 

救助隊はこの2人目の名前を聞いて、急に顔色が変わった。

「まさか、そんなバカな?偶然に助かったふたりが同じ名前だなんて!」

 

救助隊はこの事実に驚いて、思わず声をあげてしまった。

たった2名だけ助かった人物の名は、両者とも「ヒュー・ウイリアムズ」という名前だったのだから。

 

これは単なる偶然なのでしょうか。

それとも名前の持つ不思議な力なのだろうか?

スポンサーリンク

 

最後に

本当に名前の持つ力には不思議なものを感じます。

子どもが生まれて名前をつけるときには、よくよく考えてつけるようにしましょう。 

今日も読んでくれてありがとうございました。