もりもりの神秘情報

世にも不思議なことをお教えしますね。

空海の恐るべき法力とは!人類が滅亡の危機を迎えたとき空海は復活する!

f:id:naosikiko:20211109170734j:plain

もりもりです。

平安時代に活躍した真言宗の開祖・空海(くうかい)*1は、平安時代初期に留学僧として中国に渡り、日本に真言密教をもたらした僧で、弘法大師(こうぼうだいし)の諡号で知られる真言宗の開祖でもあります。

日本天台宗の開祖・最澄とともに平安仏教を勃興(ぼっこう)*2し、日本の仏教の礎を築きます。

空海は恐ろしい程の法力があり、未来を知ることもできたそうです。

そして、世界が終末を迎えたとき救済者として空海が現れるといわれています。

そんな空海についてお話ししますね。

最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

 

恐るべき空海の法力

空海は、千里眼で未来を見通し、龍神さえも操る、その法力は人々を驚嘆 (きょうたん)させます。

 

空海は若い頃から、ふるさとの四国の山野を駆けめぐって修行し、修験道なども学んだようです。

 

そのためでしょうか。

空海には

・千里眼で未来を見通すことができた

・超能力のような能力を持っていた

などさまざまな逸話が残っています。

 

空海は遣唐使として中国に渡っています。

 

そこでも驚異的な能力を発揮します。

・経典にある真言(マントラ)を100万回唱えなければ得られないという驚異的な暗記術を習得する

 ・20年かかるといわれる、密教の学習たった3年で終え、灌頂(かんじょう)*3を受ける

 

そして、日本に帰ってきた空海は龍神を操り、旱魃(かんばつ)で苦しむ人々の土地に、法力で雨を降らせたそうです。

 

未来を知ることができる宿曜経

空海が唐から持ち帰った経典や仏具のなかに、宿曜経という未来を知るための経典が含まれていました。

 

宿曜経は、かつては戦の秘術として軍師が活用したといわれています。

 

宿曜経は上下2巻からなり、仏教世界最高の英知が凝縮されているといわれています。

 

宿曜経は、バビロニアが起源で、インド、中国で発展して800年頃、空海によって日本に持ち込まれたものです。

 

この宿曜経を研究した僧や修検験者らは、宿曜師(すくようし)と呼ばれ、吉凶や未来を判断する陰陽師(おんみょうじ)と二分する勢力を持ち始めていたのです。

 

この宿曜経は古くは釈迦も影響を受けたといわれ、特に戦いに関係する人々が利用したといわれているものです。

 

三国志時代の諸葛孔明(しょかつこうめい)や源平合戦の源頼朝(みなもとのよりとも)や義経(よしつね)、そして日本の戦国時代には山本勘助や竹中半兵衛、真田幸村や斎藤道三などそうそうたる武将が戦勝のため利用したようです。

 

しかし、これほどの力を持っている宿曜経(すくようきょう)は姿を消してしまいます。

江戸幕府ができたときに徳川家康が活用を禁じてしまったからなのです。

 

家康自身も宿曜経を使い天下を取り、その腹心で「黒衣の大僧正」といわれた南光坊天海(なんこうぼうてんかい)もこの宿曜経の使い手で、徳川幕府を300年間安定させるために宿曜経を活用したといわれています。

 

それほど強力な宿曜経なので、徳川の敵となるような者が使うことで、徳川の安泰がおびやかされることを徳川家康は恐れたのです。

 

宿曜経を駆使すればより良い未来を得られるとまでいわれています。

スポンサーリンク

 

世界が終末を迎えたとき救済者・空海が現れる

空海は人の生き死ににも関与できるほどの力があったそうです。

 

こような話しがあります。

嵯峨天皇(さがてんのう)が長患いしたときに、空海は高野山で加持祈禱(かじきとう)した水「真言水」を献上します。

なだたる名医や陰陽師も手が付けられなかったといわれた嵯峨天皇の難病を、「真言水」が治したのです。

 

このように、さまざまな奇跡を起こしてきた空海は、人類が滅亡の危機になったときのことを、以下のように語っています。 

「人類が滅亡しようとしたとき、空海自身が復活して救済者になるであろう」。

 

「56億7000万年後に弥勒菩薩(みろくぼさつ)とともに、地上に帰ってくる」。

 

 自らが救済者となるために、地上に帰ってくるというのです。

 

さらに、「56億7000万年後に弥勒菩薩(みろくぼさつ)とともに、地上に帰ってくる」とも語っているのです。

 

56億7000万年後

なんと途方もない末来です。

地球があるかさえわからないです。

 

しかし、「56億7000万年後」という数字をそのまま受け取ってはいけないようです。

 

次のような計算をしてみたらどうでしょうか。

 

56億7000万という数字を、人にできる間の煩悩の数である「108」で割ります。

さらに仏教でいうところの三千世界の「3000」で割ります。

 

そして物資世界を支配する「7」で割った数字が、空海復活の年号(数字)だというのです。

 

すると、56億7000万という数字は2500に変わります。

 

年号の始点は釈迦入滅のときといわれているので、西暦に直すと2020年頃になります。

 

空海が本当に弥勒菩薩とともに復活するのが2020年だとしたら?

 

人類が滅亡の危機になったとき、どのような姿を見せるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

最後に

空海というと真言密教を思い浮かべる人も多いと思います。

そして、どんなことでも可能に出来るほどの法力。

人類滅亡の危機には復活して人類を救うという予言。

はたして末来はどうなるのでしょうか。

今日も読んでくれてありがとうございました。

 

*1:くうかい、774年〈宝亀5年〉- 835年4月22日〈承和2年3月21日〉)は、平安時代初期の僧

*2:にわかに勢力を得て盛んになること

*3:密教の正統な後継者とするための儀式